ショッピングカートを見る
クレジットカード・後払い対応
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

ショップ紹介

もったつ
でいご屋へようこそ!

皆さん、美味しい野菜食べてますか? 全国のこだわり農家さんの旬のお野菜をどんどん紹介していきますんで、そんな逸品野菜をぜひご賞味くださいね!

美味しい野菜には素敵なストーリーがある。

でいご通信(店主の日記)

フリーページ
LINK
  • 京都のオーガニックマーケット「菜花」
  • おいしい安全な食べものネットワーク「ベジフル」
  • ユーモアと物欲を刺激するショッピングガイド「カラメル」
  • 商品撮影のことなら「あしたね研究所」
rss atom
でいご屋自慢の生産農家さん 【 自然農園ながさき 】
自然農園ながさきトップ
「安全・安心は当たり前、見た目も綺麗で、おいしい柑橘系果実」を周年お届けします。
ポリシーは「生命おやす」(鹿児島の方言で”おやす”=育てる・育む)
従ってその農法は、水や土を汚さず、長い年月この笠沙で生き抜いてきた畑の微生物環境を
より健全で豊かなものにする環境保全型農業です。 (畑の主人公は微生物)

生産者のご紹介

自然農園ながさき 長崎大海さん

■ 生産地 : 鹿児島県南さつま市
■ 生産者 : <自然農園ながさき> 長崎大海さん

平成19年に有機JAS認定を受け、当農園では主力商品の
レモン・タンカン・グレープフルーツのほか
ライムやかぼす、橙などの香酸柑橘を栽培しています。
果汁タップリで、香りも豊か♪
無農薬栽培で、皮まで丸ごとお使いいただけます。

■ 生産者からのメッセージ 〜 私(長崎)と自然農業の歩み 〜

ご覧いただきまして、ありがとうございます!
私(長崎)はもともと東京でサラリーマンをしておりました。
その頃から、オーガニック専門業者の野菜を利用したり、福岡正信さん(不耕起自然栽培の提唱者)の著書を 何冊も読み、自分が農業をやるとなったら、当然、有機農業をと考えていました。

祖父が作り上げ、親父が引き継ぎ守り育ててきた畑を見るたびに、
「私が引継ぎ、さらに発展させたい」という思いが強くなり、 2001年3月に、故郷の笠沙(現:南さつま市)へ戻り、 そこから自然農業への取り組みがスタートします。

まずは、レモンの苗木を植えることから始めました。
とにかく資金が無かったので、毎年少しずつ増やしていくしかなく、 また、果樹畑の環境整備も人力で少しずつやって行くしかなかったので あの時は、本当に苦しかったです。
(大好きな焼酎も満足に飲めなかったなぁ。)

やがて主力のレモン・タンカンが2006年頃から軌道に乗り出し、
もう1つの柱であるグレープフルーツも2009年から出荷ができるようになりました。
おかげさまで、私の挑んできた自然栽培でバランスのよい柑橘が皆様のニーズに合致したのでしょう。 全国から沢山のご注文を頂くまでになりました。

植えてきた苗木は900本を超えています。
品種も10種類以上になっていまして、2012年からすべての品種を出荷できるようになります。
皆さんには、一年を通して当果樹園の柑橘を楽しんでいただくことができるようになり、
本当に楽しみです。

今後とも見た目が綺麗で高品質・安全安心の柑橘栽培を続けていきますので、
どうぞよろしくお願い致します。


〜 日本以外から来られた皆さんへ 〜
 《 To All Foreign Nationals Residing in Japan 》

■ Natural Organic Farm Products


These are organic fruits produced from environmentally friendly agriculture,
as we don't use agricultural chemicals and chemical fertilizers.
Our natural farming techniques produce surprising sweet fruit!
Why don't you try some organic citrus fruits ?

「自然農園ながさき」のオススメ商品

国産無農薬レモン
販売時期:10月〜2月末頃
取扱中!
国産無農薬ライム
販売時期:9月中〜10月末頃
取扱中!
国産無農薬カボス
販売時期:9月〜11月末頃
取扱中!

自然農園ながさきの商品について

自然農園ながさきでは、「鮮烈な味をお届けしたい!!」をいう方針で収穫・販売をしております。
柑橘は新鮮なうちに食べるほうが美味しく栄養価(特に酵素)も損なわないと思われるので、
果実が樹の上で完熟してから収穫し、すぐに出荷しております。

また、S・M・Lと果実の大きさで等級分けするのではなく、あくまでも品質を尊重して箱詰めしています。従ってエチレンで色をつけたり、時間をかけて酸味を飛ばすようなことはしていません。
モチロン、果皮表面へのワックスがけも一切なし!安心して、収穫してすぐの新鮮な酸味をお楽しみ下さい。

「自然農園ながさき」での柑橘栽培

■ 農法の特徴:自然農業について

微生物の力を利用し、また海水や植物など私達の周りの自然素材を活用・応用することで
畑を真に豊かにすることを基本としています。
従って、農薬や化学肥料は一切使っておりません。
※主人公である微生物を守るため、化学的なモノ(薬・肥料など)が畑に一切混入しないようにしています。また、ライ麦などのをはやした草生栽培で適時に草刈りをしています。

==ライ麦の草生栽培==
草生栽培は緑肥となり、地中へ栄養分として還元されたり、
土の表面の乾燥度合いを調整し、土の硬化を押さえ適度な換気性を保ちます。
特に「ライ麦」の根は、地中深く伸びるため、樹根の成長を助ける働きがあり、果樹栽培では 多く取り入れられています。また、病害虫対策として、樹を弱アルカリ性に保つことで病害虫を寄せ付けないようにしています。

■ 土地の微生物を利用

微生物を利用

畑の主人公である微生物をより豊かにするために、
その土地に微生物を採取・培養して肥料に活用しています。
(簡単には)落ち葉に米ヌカ・大豆カスを加え長時間放置すると、土地の微生物が集まり増殖を始めます。
※他地域でよく利用されている微生物資材(例:EM菌など)は、この土地の微生物にとっては外から入ってくる存在(エイリアン)になるので、一切つかいません。


この微生物をつかった肥料が、畑全体の微生物数を増やし、ミミズが増え、それを餌にするオケラやモグラが増え、このサイクルが回る中で畑が耕され、バランスの取れた畑になります。


栽培プラン

周年栽培を目標に各アイテムの植え付けを進めています。
柱はレモン・たんかん・グレープフルーツ
それ以外にも、かぼす・ライム・橙などの香酸柑橘の栽培を進め、独自性を出しています。
2012年からは、柑橘の周年栽培・出荷が回り始めます。


産地からの便り

■ 2010年3月20日 長崎大海さんより

木の上に鳥が巣をつくっています。
農薬をつかっている畑ではなかなかみれない光景です。

■ 2010年5月2日 長崎大海さんより

レモンをはじめ色々な柑橘の花が咲き乱れ、甘酸っぱい香りが溢れています。
この花の開花時期、以前に比べて10日ほど早くなっています。
やはり温暖化?は進んでいるのでしょう。
そして、今やミツ蜂がおらんのです!
以前は畑全体が羽音ブンブンうなっていたのに!!
更に、蝶々がほどんど居ない!(黒アゲハが居ないのは助かっているけど。。)
原因はいろいろですが、私達が気張ってできることをしなければいけません。

■ 2012年1月15日 金柑・ポンカンの状況

無農薬の金柑・ポンカンが最盛期を迎えてきました。
どちらも1月末ぐらいです。
前日、地元の良く知られたミカン農家のポンカン・金柑を食しました。
どちらも市場に出回る慣行栽培のものです。
無農薬・自然農法でできた金柑・ポンカンを日々口にしているので、
あまりに美味しくなく、すべて食べきれませんでした。

でも、地元の人でもそれが当り前だと思ってい食べているんですよね。
一般消費者もそれが当り前と思うのは仕方のないことです。
生産者のように、自分で自然本来の生育を探求し、そして慣行品との味の差を
比較できる立場の人はごくごく限られています。

ぜひぜひこの時期に、一度お試しいただきたい。
金柑・ポンカンは12月〜1月しか出荷できません。
特に金柑は丸ごと食してもらい、ぷりぷりの皮と甘味・そして独特の酸味を
感じていただきたいです。

「自然農園ながさき」のオススメ商品

国産無農薬レモン
販売時期:9月末〜12月末頃
取扱中!
国産無農薬ライム
販売時期:9月中〜10月中頃
取扱中!
国産無農薬カボス
販売時期:9月上〜9月末頃
取扱中!