ショッピングカートを見る
クレジットカード・後払い対応
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

ショップ紹介

もったつ
でいご屋へようこそ!

皆さん、美味しい野菜食べてますか? 全国のこだわり農家さんの旬のお野菜をどんどん紹介していきますんで、そんな逸品野菜をぜひご賞味くださいね!

美味しい野菜には素敵なストーリーがある。

でいご通信(店主の日記)

フリーページ
LINK
  • 京都のオーガニックマーケット「菜花」
  • おいしい安全な食べものネットワーク「ベジフル」
  • ユーモアと物欲を刺激するショッピングガイド「カラメル」
  • 商品撮影のことなら「あしたね研究所」
rss atom
でいご屋自慢の生産農家さん 【 上門農園・六川ファーム 】
上門農園トップ
黒潮よせる紀伊半島の温暖な気候に恵まれた地で育てています。
みかんの樹が元来持っている自然の力を最大限に引き出すことを第一に考えた農法で、
樹も元気でしかも美味しいみかんを作ることを目指しています。


「上門農園」・「六川ファーム」のオススメ商品

紅俺ん路みかん
販売時期:12月中〜2月中頃
贈答におススメの高品質
【宝珠】(糖度14超)もございます。
八朔(はっさく)
販売時期:2月〜4月中頃
2月から早生・普通を出荷。
3月頃から木成りの出荷となります。
加工品
販売時期:通年
販売中です
ギフトにもおすすめです

綺麗な紅色をした温州みかん【紅俺ん路みかん】とは?

外皮が“紅”色をした高糖度系温州みかんで正式な品種名は『山下紅』と言います。
収穫の際に一本一本糖度・酸度を測り、納得のいく味の樹のみかんだけを収穫し、さらに厳重な撰別をしたみかんに”紅俺ん路”べにおれんじと名付けました。(登録商標4694004号)
“俺ん路”には、どこまでもこだわりを持ってつくっていく、という意味が込められています。
現在、この品種のみかんは作りこなすのが難しく、全国的にもあまり出回っていません。

高糖度みかん:平均糖度13度以上!!

■黒潮よせる紀伊半島の温暖な気候に恵まれた地で育っています。

■山を切り開いて作った畑なので、一日中日当たりが良く、逆に台風の被害は比較的少ない。

■みかんは雨が多いと水っぽくなります。畑全体にも勾配をつけ、雨水は速やかに排出される構造としています。


どのような栽培方針なのか?

一言で言うと、消化吸収の良い、元気な樹にする!!
一般的にみかんは肥料をやりすぎると、樹がそれを消化吸収できなければ、栄養どころか逆に害になってしまいます。そればかりか味も悪くなってしまうのです。

そこで土着菌・EM菌・酵素などを利用して樹の体質改善を行い、消化吸収の良い樹にして、強制的にではなく、みかんの樹が元来持っている自然の力を最大限に引き出すことで、樹も元気でしかも美味しいみかんを作ることを目指しています。

また、除草剤は使用せず、農薬は必要最小限にして、更なる減農薬を目指して日々研究しています。


糖度もしっかり計測します

収穫時には一本一本糖度と酸度を光センサーで測り、納得のいく味の樹のみかんだけを収穫します。

『紅俺ん路みかん』の糖度の基準は12から13度以上。
『紅俺ん路 宝珠』は糖度14度以上です。


上限はありませんので、中には17、18度なんてみかんもあります。


樹上完熟みかん:着色促進・艶出しワックの塗布はしていません。

『山下紅』は品種的には早生みかんです。 本来であれば11月初旬に収穫するのですが、さらに美味しくなる12月まで待って、完全に樹上で熟してから収穫しています。

では、一般的なみかんは・・・?
・全体の2〜3割青みの残ったうちに収穫。
・共同撰果場で『エチレンガス+水蒸気』のガス室に入れて30時間程度かけて着色促進することで、より青みを無くして見かけを良くしています。中には 薄くワックスをかけているみかんもあるようです。


採れたての新鮮な味をお届け

●1個1個ていねいにキズを付けないよう優しく収穫。
●みかんが打ち身になりにくい、小さな撰果機で撰別。

みかんの取扱いはやさしく、落としたみかんは出荷しないなど、品質管理を徹底しています。

●スーパーなどで売られているみかんのほとんどは『打ち身味』がします。これは収穫から先の農家での取り扱いや共同撰果場での大型撰果機による影響等が原因と考えられます。
●この『打ち身味』のみかんが結構多く出回っています。もしかしたらこれが『みかんの味』と勘違いしている人も多いのかもしれません。落としたり、ころがしたりなど、みかんに衝撃を与えることにより発生する、なんとも表現のしようがない味です。


美味しいほど多い【β-クリプトキサンチン】

温州みかんには【β-クリプトキサンチン】と呼ばれる発ガン抑制作用のある物質が、他の果物に比べ特異的に多く含まれています。(バレンシアオレンジの約100倍!!)
さらに、最近の研究で糖度の高いみかんほど、その含有率が高いことも分かりました。

高糖度の『紅俺ん路みかん』を食べることで、皆様が健康で幸せになれますよう、当園一同心より願っております。


産地からの便り

■ 2011年1月07日 八朔(はっさく)の様子

〜〜最近の寒波がちょっと心配な木成り八朔です〜〜

現在【貯蔵八朔】は12月中にだいたい収穫も終わり、その名の通り熟成貯蔵しています。 写真の畑の八朔は【木成り八朔】になる予定です。写真は見栄えの良いものを撮影していますが、まだまだ青みを残したものが多いです。 【貯蔵八朔】 八朔は一般的には、糖度10度あれば「ふつう」、11度で「美味い八朔やな〜」、12度あれば「こりゃ美味いな、上手いこと作ったな〜」と言われます。 貯蔵八朔は現在12度を超えるものが多く、中には14、15度というのもあるとのこと。味見しましたが今食べても美味い!!


〜〜八朔の畑は昔ながらの段々畑です。〜〜

ただ、みかん同様八朔も今年は裏年で、昨年の7割程度の収穫量。また昨年と比べると小玉傾向ですので、Mサイズの八朔がけっこう多いかもしれません。(木成り八朔は大きくなる予定です。) また、多少青みの残った八朔も入ると思いますが、味にはあまり関係ありませんのでご了承ください。 今年は糖度だけではなく、酸切れも良いので、1月下旬頃から出荷できそうです。


〜〜ヒヨドリに食べられた八朔。見事な食べっぷり!!〜〜

【木成り八朔】 こちらは貯蔵八朔が終わり次第、2月下旬か3月上旬ころから出荷開始予定です。それまで木成りで置いておく予定ですが、左の写真のように早くもヒヨドリにやられています。 通常ヒヨドリは皮の厚い八朔は食べないのですが、当園の八朔はよほど美味いのでしょう。当園以外のみかんやデコポンには目もくれず、ここの八朔を食べに来ています。(>_<)


「六川ファーム」のオススメ商品

紅俺ん路みかん
販売時期:12月中〜2月中頃
贈答におススメの高品質
【宝珠】(糖度14超)もございます。
八朔(はっさく)
販売時期:2月〜4月中頃
2月から早生・普通を出荷。
3月頃から木成りの出荷となります。
加工品
販売時期:通年
販売中です
ギフトにもおすすめです