ショッピングカートを見る
クレジットカード・後払い対応
オススメ商品
売れ筋商品
商品検索

ショップ紹介

もったつ
でいご屋へようこそ!

皆さん、美味しい野菜食べてますか? 全国のこだわり農家さんの旬のお野菜をどんどん紹介していきますんで、そんな逸品野菜をぜひご賞味くださいね!

美味しい野菜には素敵なストーリーがある。

でいご通信(店主の日記)

フリーページ
LINK
  • 京都のオーガニックマーケット「菜花」
  • おいしい安全な食べものネットワーク「ベジフル」
  • ユーモアと物欲を刺激するショッピングガイド「カラメル」
  • 商品撮影のことなら「あしたね研究所」
rss atom
ホーム マンゴー 【沖永良部産】完熟マンゴー(減農薬)
【沖永良部産】完熟マンゴー(減農薬)
・ 商品名
【沖永良部産】完熟マンゴー(減農薬)
・ 在庫数
受付終了致しました!


〜〜 『平成29年7月21日』注文受付終了のお知らせ 〜〜

収穫予定分のご注文となりましたので、受付を終了致します。
たくさんの申し込みありがとうございます。
早い時期での受付終了となり、これからの予定のお客様大変申し訳ございません。

【ご注文分の出荷予定】8月前半〜お盆前後の予定です。 
※ご注文順に出荷いたします。


〜〜 『平成29年7月16日』お客様への発送予定について 〜〜

えらぶ天恵ファームから
「特別栽培(減農薬)」の甘い甘い完熟マンゴーをお届けします。

【商品出荷予定】収穫開始が遅れる見込みです。お客様への商品の発送は
8月前半〜8月中旬(盆頃まで)を予定しています。

全体量にも限りがございますので、お早めにご予約ください。


この商品は送料が販売価格に含まれていません。下記の送料表をご確認ください。

鹿児島県沖永良部島産の完熟マンゴー


マンゴー開始

出荷開始


沖縄、宮崎だけじゃない! 鹿児島県よりマンゴーお取り寄せ


マンゴーといえば、沖縄や宮崎が有名ですが、実は鹿児島県は国内第3位のマンゴー産地。
中でも沖永良部島(おきのえらぶじま)は、奄美群島の南西に位置し、沖縄本島とほぼ同じ温暖な亜熱帯性気候なので、マンゴー栽培には最適の環境です。他の産地と比べて出荷量が少なく、市場に出回ることはほとんどありませんが、島のおじぃ、おばぁが大切に育てあげた自慢のマンゴー。その美味しさは他産地のブランドマンゴーに負けません!!


沖永良部島の位置

沖永良部島は奄美大島と沖縄本島のほぼ真ん中に位置し、全島がほとんど隆起珊瑚礁からできています。平坦地が多く、農耕地に恵まれているため、サトウキビをはじめジャガイモやトロピカルフルーツなどの栽培がさかんです。島の農業就業人口比率は、35%となっており、鹿児島県全体と比較すると3倍と高く、農業を基幹産業とする島です。



とろりとした黄金の果肉に、甘みと香りが濃縮


鹿児島県沖永良部島は、隆起サンゴ礁から成っており、石灰岩と赤土がミネラル豊富な土壌を作り出しています。南国ならではの暖かい気候の中、燦々と輝く太陽をあびてたわわに育った完熟マンゴーはとにかく甘い!橙の果実からは切る前から芳醇な香りがただよい、カットすると果汁がじゅわ〜っとあふれでます。キラキラ輝く黄金の果肉は、ひとくち食べるとやさしくとろけ、次から次へと押し寄せる甘さに圧倒されます。
ご自宅用にはもちろんのこと、お中元やギフトなど大切な方への贈り物におすすめです!!


口いっぱいに広がる甘さ

自信をもっておススメする農家さんたちです


旬菜図鑑でいご屋の商品は、産地や知名度で選んでいません。もちろん沖永良部(おきえらぶ)産だから選んでいるわけでもありません。
実際に栽培農家と顔を合わせ想いを聞き、栽培基準が管理されていて、お客様に喜んで頂ける商品かどうかを基準に選んでいます。
農家さんのマンゴーにかける情熱もあわせて箱につめますので、ぜひ
”とびっきりの甘さがお届けするしあわせな時間”をお楽しみください。


沖永良部産完熟マンゴートップ


"美味しい"をお届けするために


美味しい果物をつくるためには、豊かな土や水、気候といった自然の力が重要です。
そしてもうひとつ大切なことは、”美味しいものをつくりたい、食べる人を笑顔にしたい”
という農家さんの熱い思い。

『愛情をいっぱい注ぎながら、より安全で美味しいものを求めて努力し続ける。』
でいご屋では、そんなこだわりを持った沖永良部島の3つのマンゴー農園から、出来具合や出荷状況を確認しながら、最も良い状態のマンゴーをお客さまへお届けします。
いずれの農家も、栽培管理を徹底し、「地元由来の有機質肥料を使用し、農薬・化学肥料を極力使用しない方法」で、マンゴー栽培を行っております。(完全無農薬ではありません)


えらぶ天恵ファーム


2017年シーズンは、虫害(アザミウマ:スリップス)の発生があり、
全体量は例年より少なめです。
(特選クラスの出荷は取りやめとさせていただきます。)
化学農薬の使用を限りなく減らした
「安全で、甘みののった美味しいマンゴー」を選び、
皆さんにお届けいたします。

2008年からマンゴーの栽培を始め、本格出荷はじめて8年目になります。
当農園のマンゴーは、樹を1本ずつ鉢に入れて育てるという鉢植え(ポット)栽培。一般的な地植えの樹に比べて1つの樹あたりの収量が少なくなる欠点がありますが、マンゴーの品質と味をより確かなものとするために、水分調整の面からみた土地の条件や、栽培管理の点から鉢植え栽培を選択しました。
マンゴー作りを始めて年数はまだまだ浅いですが、野菜や果物つくりで培ったノウハウを活かし、これまで出荷したマンゴーはお客様から「とても甘くて美味しい!」との喜びの声をいただいています。

島古来の土着微生物を発酵させた完熟堆肥と、サトウキビの絞り粕を利用した有機肥料を使用し、更に酵素資材と海水ミネラルによって樹自体の健全な成長力を高める取り組みを続けています。地道な取り組みですが、みずみずしさと濃厚な甘みがたっぷりつまったマンゴーという形で、舌で感じる違いを生んでいます。
夫婦2人で、”子供を育てるように、勇気(有機)百倍、愛情いっぱい”の心で、農薬や化学肥料を必要としない農業をめざし、日々実践しています。

マンゴー農家 えらぶ天恵ファーム村田さんの顔写真
【生産者:村田行夫、幸代】夫婦でマンゴーやアボカド、そしてブラッドオレンジ(タロッコ・モロ)の果物や野菜を育てています。
(パッションフルーツは、作業手間の関係(おばちゃんの手が回らない)ため、栽培を取りやめました)
 各ポットごとに水・肥料の量が調整され、適切な栽培管理を実施しています。


201405マンゴーの様子
【2014年5月 摘果の様子】通常マンゴーは一本の枝に20〜30個の実をつけます。早い時期に摘果をすることにより果実に行き渡る養分を集中させます。最終的には1本の枝から収穫されるマンゴーの実は1つのみ。おいしいマンゴーにするための大事な作業です。
(中央写真)摘果は、手慣れて確実なおばちゃん(村田幸代)の作業♪


201406マンゴーの様子
【2014年6月 摘果完了】奄美地方は5月11日に梅雨入り。この時期のハウス内は非常に蒸し暑く、汗だくでの作業です。。摘果が終わり一枝に1〜2個の実を残したところ。後は様子を見ながら袋掛けです。
(写真左)日差しが強くなり実が焼けるので、梅雨の合間に遮光ネットをハウスに張ります。

201406マンゴーの様子
【2014年6月 作業合間のワンショット】無理やり2人を集めて撮影♪普段はそれぞれの段取りで作業しているので、なかなか同じフレームに収まることはないんです。。 


えらぶ天恵ファームでは、酵素栽培により樹の地力を高め、
化学合成農薬・化学肥料を使用しない栽培を行っております。
病害の規模や影響上、やむを得ず使用した場合は全てを開示し、
使用を最小限にとどめるようにしております。


今シーズンの栽培期間中に使用した農薬は確認中です(近日公開いたします。)


児玉マンゴー農園


児玉マンゴー園では、自然農法で限りなく農薬に頼らない栽培を行っております。
「でいご屋」での2016年シーズンの取り扱いはいまのところございません。

夫婦2人でマンゴーを栽培している児玉さんの完熟マンゴーが7月中旬から収穫開始となります。
当農園は、平べったい島の中でも一番日当たりの良い南側の丘陵地で、緑潤う大山から流れ込む豊かな地下水を使用してマンゴーをつくっています。条件の揃った環境で育つマンゴーは、島内でもとても評判が高く、赤々と光る外観もさることながら、切り口の断面のみずみずしい黄金の果肉は、まるで夜空に輝く満月のよう。

「子育てと一緒、好きなだけ物を与えても、立派には成長しないからね〜」
そう言う児玉さんは、最低限の肥料しかマンゴーに与えません。
「それでも、生きていくためには必死に根を伸ばし、一生懸命光合成してたわわな実をつけるのよ。
そうやってできたマンゴーの味は最高よ!」

マンゴー農家児玉さんの顔写真
【生産者:児玉富杢さん】夫婦でマンゴーを大事に育てています。お伺いした時は、マンゴーの袋がけの真っ最中。

使用する堆肥や酵素資材は、すべて自家製のもの。そして、長年の経験から日照時間や木の生育具合を見計らい、絶妙なタイミングで施肥や手入れを行っていく。
児玉さんの栽培技術が、甘〜く美味しいマンゴーに実っていくんですね。
とろけるような味覚をぜひお楽しみください。


児玉マンゴー園では、自然農法で限りなく農薬に頼らない栽培を行っております。
今シーズンの栽培期間中に使用した農薬は以下の通りです
2013児玉農園の使用農薬

完熟マンゴー果実

完熟マンゴー果肉

完熟マンゴーヨーグルトのせ

マンゴー食べ方

お届け商品内容詳細


・ 価格内訳
箱代込み・税込・送料別
・ 内容
鹿児島県沖永良部産 完熟マンゴー
樹上で完熟した玉を収穫し、クール便にてご自宅までお届けします。

1kgにつき2〜3玉入
 ・2玉入の場合…1玉500g前後の大玉
 ・3玉入の場合…1玉300〜350g程度の中玉
※玉数の指定はできませんので、ご了承ください。

『特選』1kg ※2017年シーズンの出荷はございません。
 ・糖度…15度以上 サイズ…500g前後の玉 2玉入り
 ・秀品(形・色づき共によい厳選品)
 ・専用の贈答箱を使用
 〜〜 当農園でも取れる数の少ない、最上の玉を厳選します〜〜
  お世話になった方や親類への贈り物に♪(間違いなく喜ばれる品です)

・ 出荷予定
7月下旬〜(1か月程度) 8月前半〜 8月25日頃迄の予定(2017年シーズン)
・ お届け日
ご注文確定(ご入金)から1週間前後の目安
・ご注文順に発送させていただきます。
・ご注文タイミングによっては、お待たせする場合もございます。
・お届け日指定については、申し訳ございませんが今シーズンはお受け致しかねますのでご了承ください。
※予約注文につきましては、7月下旬から順次発送いたします。

・お届け日につきまして、発送の際にメールにてご連絡いたします。
・ ギフト対応
お中元にご利用いただけます。※内のし可(名いれ要相談のこと
※ご注文時に、備考に「中元対応」「贈答用」などご指定下さい。
・ 送料
配送⇒クール便(ゆうパック)
2014年マンゴー送料

<沖永良部産の他商品との同梱発送について>
箱の形状・出荷元が異なる場合がございますので、別途調整させて頂きます。お気軽にご連絡ください。(ご注文後にご相談のため連絡致します)

産地直送
 生産地(鹿児島県沖永良部島)から直接お客さまのもとへ発送いたします。

◆お届けイメージ
1kgと2kgそれぞれの化粧箱で発送いたします。1kg箱は手提げタイプになります。
※箱のイメージは若干変わる場合もあります。
お届けイメージ

◆業者のかたへ
 大量注文の場合は、掲載商品の卸のご相談も承ります。
 栽培履歴表・見積書等ご用意しておりますので、お気軽にご連絡ください!


【沖永良部産】完熟マンゴー(減農薬)
・ 在庫数
受付終了致しました!
 
1kg(2〜3玉入)3,200円(税込)
受付終了致しました!
2kg(4〜6玉入)6,200円(税込)
受付終了致しました!
『特選』1kg(2玉入り贈答用)4,200円(税込)
受付終了致しました!
SOLD OUT